みのり幼稚園では、私学としての特質を十分に生かし、文部科学省基準(健康、人間関係、 環境、言葉、表現)に準拠して、総合的にかたよりのない充実した保育を行っています。

みのり幼稚園|Minori Kindergarten

園だより

10月の園だより
10月に入り、いよいよ秋も深まってきます。芸術の秋を迎え、秋の美しい歌をきれいな声で表現力豊かに歌っていきます。また絵画活動にも落ち着いて取り組み、大きくのびのびと描くことの喜びを大切に育てていきたいと思います。秋晴れで気持ちの良い季節ですので、園庭でもたくさん遊んで心身ともに丈夫な体をつくっていきます。また年長組は子どもたちが楽しみにしていた芋ほりがあります。秋の自然に触れ収穫の喜びを味わいたいと思います。
9月の園だより
残暑がまだまだ厳しい日もありますが、朝夕はだいぶ涼しくなってきました。夏休みが明け、子どもたちはひと回り大きくなって元気に登園してきました。今月は子どもたちが楽しみにしている運動会があります。お遊戯やかけっこ、鼓笛等をそれぞれの学年で練習しています。お遊戯は笑顔で楽しく表現豊かに踊ること、かけっこは力いっぱい最後まで走りきること、そして鼓笛は皆で力を合わせて一体感を持って表現し、素晴らしい発表ができるように楽しみながら練習に取り組んでいます。水分補給をこまめにし、体調管理に努めていきたいと思います。
8月の園だより
楽しい夏休みの過ごし方
○明るい挨拶は、まずお家の方がお手本を示しましょう。
○早寝・早起きをしましょう。
○元気いっぱいのびのびと遊ばせ、お片づけも最後までするよう励ましてください。
○洗顔・うがい・歯磨き・偏食・冷たい物の食べ過ぎ等、健康管理に充分注意し病気にならないよう努めましょう。
○自分でしようとしている時はあせらず見守り、できた時は褒めてあげましょう。
※以上のようなことに気をつけ、楽しい生活の中にもルールのあることを教えてあげて子どもとのふれあいの場をたくさんもちましょう。心を育てるしつけに力を入れ豊かな心とたくましい子どもを目標に、子どもと共に楽しい時間を過ごしましょう。
7月の園だより
みんなで育てているかいこがついに繭をつくりました。純白の美しい楕円形のかわいい繭です。繭を茹でて絹糸をつくり、かいこの役割や大切さ、そして命についても考える機会となりました。七夕には笹の葉に願い事を書いた色とりどりの短冊や、子どもたちの作った飾りもつけられます。思いやりの心を育て自然や伝統行事への興味や関心を持つ機会となるように導いていきたいと思います。また7月に発表するマリンステージへの期待も膨らみ、お歌やダンスを楽しく練習しています。様々な行事や活動を通して、これからも一人ひとりの「やりたい」という気持ちを大切にして、成長に繋げていきたいと思います。
6月の園だより
梅雨入りも間もなくですが、晴れた日は青空の下、園庭で元気よく遊んでいます。雨の日は室内でお絵かきや塗り絵をしたり、集団遊び等をして楽しく過ごせるように工夫をし保育していきます。また7月に行われるお遊戯会、マリンステージへの期待を持って皆で力を合わせて、楽しみながら練習していきたいと思います。
5月の園だより
新緑が色鮮やかに5月の風にゆれ、さわやかな季節となりました。こいのぼりも青空に気持ちよく泳いでいます。入園・進級して1ヵ月が経ち、子どもたちも園生活にも少しずつ慣れてきました。一人ひとりの気持ちにゆっくり関わり、一緒に遊びながら信頼関係を深めたいと思います。園庭で元気よく遊んだり、お歌やお絵描き等、様々な活動を通して、心身ともに成長していけるように導いていきます。
4月の園だより(進級園児)
進級おめでとうございます。春の爽やかな風の中、子どもたちは楽しみにしていた新しいクラスに喜びと期待で胸を膨らませています。新しいクラスで先生やお友達と親しみを持ち、仲良くなり、安心して園生活が送れるようにしていきたいと思います。一人ひとりの成長を大切に見守っていき、日々、元気で楽しい園生活が送れるように職員一同、一生懸命保育していきます。どうぞよろしくお願いいたします。
4月の園だより(新入園児)
ご入園おめでとうございます。園庭には穏やかな春の風の中、色とりどりの花が咲いています。お友だちや先生、保育室、園庭の遊具、花や虫など、4月の園内には、「はじめまして!」の出会いが待っています。職員一同、子どもたちが園生活に一日も早く慣れるように保護者の皆様と協力しあって一人ひとりていねいに、大切に保育をしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

2018年度の園だよりはこちら

pagetop