みのり幼稚園では、私学としての特質を十分に生かし、文部科学省基準(健康、人間関係、 環境、言葉、表現)に準拠して、総合的にかたよりのない充実した保育を行っています。

みのり幼稚園|Minori Kindergarten

平成29年度千葉市私立幼稚園就園奨励費補助事業のあらまし

千葉市では、私立幼稚園に就園する園児の保護者の経済的負担を軽減し、幼稚園教育の一層の振興を図るため、私立幼稚園の入園料・保育料の一部を助成しています。

1.補助の対象となる方

 県の認可を受けている私立幼稚園(千葉市が利用者負担額を定めている一部の幼稚園は除く。在園する 幼稚園にお問い合わせ下さい。)に在園し、かつ千葉市に住民登録のある3・4・5歳児(平成23年4月 2日~平成26年4月1日生)の保護者。
 ※満年齢が3歳に達して、就園する幼児の保護者も対象となります。

2.申請の方法

 「保育料等減免措置に関する調書」に記入(必要な場合は証明書類を添付)のうえ、在園先の幼稚園に幼稚園の指定する提出期限までに提出してください。
 ※記入方法については、下記の記載例をご参照ください。

3.補助の区分と金額

◇補助の区分(A~D2)と金額は、園児の世帯の平成29年度市(区町村)民税所得割額(ただし、住 宅借入金等特別税額控除の適用を受けている方は、適用前の額)と子どもの人数に応じて決定します。

◇世帯の中に市民税を課税されている方が複数いる場合は、原則として園児の両親(単身赴任等により同居していない場合も含む)の市(区町村)民税所得割額の合計額が基準となります。

◇市(区町村)民税所得割額の確認方法は、「保育料等減免措置に関する調書」の裏面をご参照ください。

◇補助金は、幼稚園に納めた入園料・保育料の金額を限度として交付します。

※平成28年度から、国の制度改正により、補助区分がA~C1に該当する世帯に限り、小学校4年生以上 のお子さんもきょうだいの人数に含めるよう、取り扱いが変更されています。
 なお、補助区分がC2~D2の方は、昨年度までと同様、小学校3年生までのきょうだいの中で、補助の対 象となる園児が上から何人目にあたるかで判定となります。

例:きょうだいが、小学校6年生、年長、年少の場合
 補助の区分A~C1の世帯…年長のお子さんは第2子、年少のお子さんは第3子
 補助の区分C2~D2の世帯…年長のお子さんは第1子、年少のお子さんは第2子

4.「保育料等減免措置に関する調書」の記入について

(手順1) 園児氏名・性別・園児生年月日・保護者氏名・住所・連絡先を記入してください。

(手順2) 世帯の状況に応じて1~2のいずれかに○をつけてください。
【1に○をつけた場合】
 市民税の課税状況に応じて、A~D2の補助区分を決定します。(補助区分は、「3 補助の 区分と金額」参照)
 千葉市から課税されている方は、□のどちらかにチェックを入れてください。
 なお、平成29年1月1日時点で千葉市に住民登録がない方など、千葉市が市民税の課税状況を調査することができない方は証明書類を添付していただく必要があります。該当する理由に○をつけて、下表のとおり必要な書類を添付してください。

上の表のいずれかに該当し、住宅借入金等特別税額控除を受けている方は、その証明(平成28年分 源泉徴収票、確定申告書の写し等)も併せてご提出ください。
※上記証明書類の提出が幼稚園の指定する提出期限に間に合わない場合は、封筒に幼稚園名・園児名及 び歳児を明記のうえ、平成29年8月1日(火)までに幼保支援課まで直接郵送してください。(提出 がない場合は、D2区分の補助となります。)
なお、「保育料等減免措置に関する調書」は必ず幼稚園にご提出ください。
【2に○をつけた場合】
 市民税の課税状況に関わらず、D2区分(補助金額が最低の区分)にて決定となります。

(手順3)園児の世帯状況を記入してください。兄弟姉妹がいる場合は、ア・イも記入してください。
※兄及び姉が小学1~3年生(特別支援学校小学部を含む)、幼稚園、保育所(園)、認定こども園、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部に入所又は児童発達支援及び医療型児童発達支援若しくは特例保育、家庭的保育事業等を利用している場合は、補助の金額に関係しますので、氏名等の他、入園している幼稚園名及び学校名等を必ず記入してください。
≪以下に該当する兄・姉がいる方が添付する証明書類(写し)≫

5.市(区町村)民税の申告について

申請に際し、市(区町村)民税の申告をしていない方(昨年の収入がない場合でも、配偶者控除または扶養控除の対象となっていない方は、申告が必要です)は、平成29年1月1日にお住まいであった市区町村 にて、市(区町村)民税の申告を行ってください。

6.年度途中での入退園等について

(1)年度途中での入園・市外からの転入について
 ◇年度途中での入園や、市外からの転入の場合は、在園月数に応じた月割で支給額を決定します。
 ◇申請時期は別途幼稚園からお知らせします。
(2)年度途中での退園・市外転出について
 ◇年度途中で退園や、市外への転出となった場合、在園月数に応じた月割りで支給額を決定します。
 ◇年度途中で市外転出される場合は、必ず転出先の住所と電話番号を幼稚園に連絡しておいてくださ い。

7.支給時期

 平成30年2月末頃に、1年分を一括して支給する予定です。
 ただし、補助区分A、Bに該当する世帯については、10月末頃と2月末頃にそれぞれ半年分を支給す る予定です。

8.特別な手続きが必要な方について

 下記事項に当てはまる方は、お早目に下記連絡先へご相談ください。補助金額が変更(特に②~④に該 当する方は補助金額が増額)となる可能性があります。
 また、ひとり親世帯や障害児(者)世帯の方は、別紙「ひとり親世帯や障害児(者)世帯の補助金額の 増額等について」をご確認ください。
 ①申請後に世帯構成や市民税所得割額に変更が生じた方
 ②寡婦(夫)控除の適用を受けていない、ひとり親の方(未婚の母子等で、市民税が課税されている方
 ③平成25年度に生活保護を受給しており、生活扶助基準の変更により生活保護の対象外となった方
 ④保護者の失職等により、世帯の収入が著しく減少した方

※その他、手続きについての詳細は、在園先の幼稚園または下記連絡先にてご確認ください。
※提出書類の内容を確認するため、幼保支援課から直接問い合わせさせていただく場合があります。
※千葉市内の私立幼稚園に在園し、千葉市内に在住していても、千葉市に住民登録のない方は、この補助事業の対象となりませんので、登録のある市区町村にお問い合わせください。

【証明書類の送付・連絡先】
〒260-8722 千葉市中央区千葉港2-1(中央コミュニティセンター9階)
千葉市こども未来局 こども未来部 幼保支援課 幼児教育振興班
Tel:0 4 3 -2 4 5-5 1 0 0
Fax:0 4 3 -2 4 5-5 6 2 9

PDFダウンロードはこちら >>

pagetop