みのり幼稚園では、私学としての特質を十分に生かし、文部科学省基準(健康、人間関係、 環境、言葉、表現)に準拠して、総合的にかたよりのない充実した保育を行っています。

みのり幼稚園|Minori Kindergarten

預かり保育を利用したい方

就労、リラックス、私用などの理由を問わず、預かり保育を利用することができます。 特に近年では、共働きをされている方が増加し、夫婦ともに働くことが当たり前になりつつあります。そのような中でも、みのり幼稚園の教育内容にご賛同いただいた方が当園に通園しやすい環境を整備すべく、預かり保育のご利用が可能となります。

当園では預かり保育の時間内でも主活動を設定し、教育時間を設けています。以下が預かり保育の流れと活動の一例です。

時間 スケジュール
14:10 受け入れ
お話
トイレ
14:30 主活動
14:50 トイレ おやつの準備
15:00 おやつの準備
15:30 おそと遊び
16:00 お帰り準備・お帰り(16:30)
17:00 自由遊び
18:30 最大預かり時間
主活動例
座って綱引き、ボール回しリレー、追いかけ玉入れ、フープくぐり
イス取りゲーム、おりがみ、カレンダー作り、トンボ作り
わくわく水族館、お友だちの絵、メダル作り、ジェスチャーゲーム
仲間探しゲーム、お店屋さんごっこ、写生会、粘土でパン屋さん

また、預かり保育「つる組」では3,4,5歳の縦割り保育が展開されます。縦割りの保育の中では、年齢を超えた交流をすることができますので、異年齢の人間関係の構築に大きく貢献する時間となります。年齢を超えた交流には以下のようなメリットがあります。

1. 真似や憧れから生まれる「○○になりたい」「○○をやってみたい」という学ぶ姿勢が育まれます!

2. 年長児は年下の子どもを思いやる心が育まれ、「お兄さんらしさ」、「お姉さんらしさ」という子どもの心の成長を育みます

3. 実際の社会と同じ環境(社会において同じ学年だけで過ごすことはほとんどありません。)で過ごすことで、社会性を育む効果があります。また、少子化の影響で兄妹が少なくなり、異年齢での経験をする機会が減っていますが、つる組では、異年齢での交流はそれらの社会的課題に対しても有効な環境になっています。

pagetop